オルビスミスターの保湿力はどうなの?測定器を使用して徹底分析!

まさお
まさお

「オルビスミスターの保湿力がイマイチ」って口コミを見つけたんやけど、実際どうなの?

メンズスキンケアの中で高評価を得ているオルビスミスター

すっきりした洗い上がりで、シンプルかつ簡単にケアできることから初心者にも人気のスキンケアです。

ただ、その一方で「保湿力にもの足りなさを感じる」といった気になる口コミもあります。

今回は、測定器を使用してオルビスミスターの保湿力がどの程度なのかを検証してみました。

オルビスミスターの購入を考えている方、オルビスミスターの保湿力が気になる方は、ぜひ最後までご覧ください!

おばけ
おばけ

ちなみに、オルビスミスターのメリット・デメリットはこちらの記事で解説してるよ!

スポンサーリンク

オルビスミスターの保湿力は十分?それとも物足りない?

オルビスミスターの基本スキンケアは、以下の3ステップです。

  • 洗顔料(ウォッシュ)
  • 化粧水(ローション)
  • 保湿液(モイスチャー)

それぞれ使用し、使用後の水分量と油分量を測定器で測っていきます。

ちなみに、洗顔前の数値はこちら。

(水分量:36%│油分量:35%)

ちなみに、カネボウ化粧品によると水分を保つために必要なうるおいレベルは「33~52%」だそう。

オレンジ色は良くもないし悪くもない、普通です。

いっち
いっち

今だからこの数値ですが、冬に測ったらもっと下回りますね・・・

 

洗顔料(ウォッシュ)で汗や皮脂汚れを落とす!

オルビスミスター・ウォッシュは、ボリュームのある濃密泡が特徴の洗顔料です。

洗顔ネットで泡立て始めると、数十秒でもっちりした泡のでき上がり。

この濃密泡で肌を包み込むようにして洗う気持ちの良さが堪らないんですよね〜

しかも、洗顔後に肌がツッパリることはなく、すっきりとした仕上がりなのも推しポイント。

一度味わったら、もうリピート確定です。

 

あ。

で、ウォッシュで洗顔した後の計測数値はこちら。

ウォッシュで洗顔した後の計測数値

(水分量:45%│油分量:23%)

オルビスミスター・ウォッシュで洗顔すると、水分量は+9%、油分量は-12%に変化しました。

しかし、この変わり様・・・受け入れ難い。

いっち
いっち

他ブランドの洗顔料でも測定してみたのですが、洗顔後の水分量・油分量は同じような変化が表れました。

(一旦、受け入れてみることにします。)

 

化粧水(ローション)で乾いた肌に潤いを与える!

オルビスミスター・ローションは、名前のとおりローションのようなとろっとしたテクスチャーで、すーっと肌に馴染んでいく化粧水です。

公式サイトでは"肌の上でパシャっとはじける心地よい感触がくせになる"と書かれているのですが、個人的にそう感じたことは実はありません。

それよりもむしろ、伸びの良さやハンドプレスした時のより肌に染み込んでいく感覚の方が好き。

 

で、ローションを馴染ませると計測数値はどう変わるのでしょうか。

結果はこちら。

ローションを馴染ませると計測数値

(水分量:47%│油分量:21%)

オルビスミスター・ローションを馴染ませると、水分量は+2%、油分量は-2%に。

グリーン色は、肌の水分・油分量のバランスがなかなか良い状態です。

いっち
いっち

ローションの使用前後で、肌のしっとり感やモチモチ感は全然違います。

 

保湿液(モイスチャー)で浸透した水分の蒸発を防ぐ!

オルビスミスター・モイスチャーは、ベタつかず軽い仕上がりの保湿液です。

今年3月のリニューアルで新登場。

触感や匂いは無印のオールインワン美容液に似ているのですが、手で顔を触っても嫌な気分にならないプレーンな感じが個人的に評価している点です。

顔の上に乗っかってる感覚に抵抗がある人には、ミスター・モイスチャーは受け入れやすいと思います。

 

で、気になる水分量と油分量はこちら。

モイスチャーを馴染ませた後の計測数値

(水分量:47%│油分量:22%)

まさかの油分量+1%!

おばけ
おばけ

・・・

というのも、モイスチャー(保湿液)の役割は「肌に密着して潤いを閉じ込める」ことなので、数値の変化はほとんど見られなかったというわけです。

 

今回の水分量・油分量の結果をまとめたものがこちら。

    水分量         油分量    
適正値 33~52%
使用前 36% 35%
洗顔料(ウォッシュ)使用後 45%
23%
化粧水(ローション)使用後 47% 21%
保湿液(モイスチャー)使用後 47% 22%

季節によって数値はもちろん変わりますが、少なくとも春~夏であれば保湿力は十分ということが分かりますね。

 

スポンサーリンク

オルビスミスターの保湿力は十分納得できるレベルだが、冬や肌の乾燥具合によっては「もの足りない」場合もある

今回は「オルビスミスターの保湿力」について計測器を使用してレビューしました。

リニューアルによって「肌に浸透した水分が出ていくのを防ぐ」ことが可能になり、保湿の長時間持続が期待できるスキンケアだと感じています。

 

最後に本記事の内容を簡単にまとめておきます。

  • 最適な潤いレベルは「33~52%」
  • 洗顔後は水分量・油分量が大きく変化する
  • 化粧水後はさらに水分量が増す
  • 保湿液後は数値の変化はほとんどない
  • 保湿液は「肌に浸透した水分を保つ」目的

春~夏であれば十分な保湿レベルです。(※個人の感想)

ただ、肌がつっぱるぐらい乾燥する冬だと、もの足りないと感じる可能性はあるかもしれません。

いっち
いっち

冬は無印良品のオールインワン美容液を使ってます!

保湿力、肌の潤い具合に満足できるかできないかは人によって違うはずなので、気になるのであれば一度試してみるのが確実だと思います。

スキンケアで毎日をより良く過ごしたいと思っている方は、検討してみてはいかがでしょうか?

 「オルビスミスター」公式

タイトルとURLをコピーしました