香水のノートって何?付け方・付ける場所や香りの種類など「香水の豆知識」を初心者向けに解説

なぎさ
なぎさ

香水の「ノート」ってどういう意味?

おばけ
おばけ

今回はこんな質問に答えていくよ!

この記事はこんな方におすすめです。

  • 香水の「香りの強さ(種類)」を知りたい方
  • 香水を「どこに」付けたらいいのか気になる方
  • 香水の「ノート」がどういう意味か分からない方

香水を付ける場所って、手首?肘?それとも足首?

オードトワレとオードパルファム、濃いのはどっち?

いっち
いっち

香水あるあるです。

 

そんなに重要ではないので流しちゃうんですけど、意外とモヤっとします。

彼女に香水をプレゼントする時に調べたのですが、知っているだけで選ぶのも付けるのももっと楽しくなるんですよね。

 

この記事では、以下の流れで「香水の豆知識」の紹介をしていきます。

 本記事の内容
  • 香水の種類について
  • 香水のノートについて
  • 香水を付ける場所について

この記事の内容を理解している人はあまりいませんが、香水を付ける上で大事なことです。知っておくと香水を付ける時はもちろん、選ぶ時も楽しさが増すと思います。

ぜひ最後まで読んでみてください!

 

スポンサーリンク

香水の種類について

香水は以下のような種類で分けられています。

  • オーデコロン
  • オードトワレ
  • オードパルファム

それぞれの違いは、含まれるエタノール濃度や香りの持続時間です。

エタノール濃度(賦香率)香りの持続時間
オーデコロン1~5%2時間
オードトワレ5~10%2~5時間
オードパルファム10~15%5~12時間

ただし、濃度についての法律がないため「メーカーのさじ加減」で変化します。

また、オーデコロンやオードトワレなどの呼び分けについても規制はなく、各香水ブランドが独自に呼び分けることができるそうです。

おばけ
おばけ

ざっくりした分類でしかないんだね!

 

オードトワレとオードパルファム、濃いのはどっち?

上の表のとおり、オードパルファムの方が濃いです。

オードトワレは朝付けたら午後には薄れていくのに対し、オードパルファムは香水によっては夜まで香ります。

ほんのり香らせるのか、しっかり香らせるのか、ご自身の好みで選んでみてください。

 

スポンサーリンク

香水のノートについて

香水は色んな香料で構成されていて、時間の経過と共に香りがグラデーションを描くように変化します。

そして、時間の経過と共に変化する3段階の香りのことを、以下のように呼んでいます。

  • トップノート
  • ミドルノート
  • ラストノート

3段階の香りをこう呼んでいるだけなので、実は「ノート」に特別な意味はないんです。

トップノート香水を付けて10分後ぐらいに香る香り。香りの印象は強いですが、少し経つと消えます。香水の口コミで「キツい」と書かれているものの多くは、この香りだったりそうでなかったり・・・
ミドルノート香水を付けて30~1時間後ぐらいに香る香り。香水のメインの香りで、その香水の特徴が出ます。3時間ほど香りが続くため、ミドルノートの香りを重視して選ぶのがおすすめです。
ラストノート香水を付けて3時間後ぐらいに香る香り。ラスト・・・香水の余韻です。ただ、オードパルファムだと12時間ほど続くので、どっちがミドルノートなのか分からなくなりそうです。
おばけ
おばけ

最後まで変化のない香水の香りは「シングルノート」と呼ばれてるよ!

 

スポンサーリンク

香水の付け方・場所について

香水を付ける場所は以下の3つが基本。

  • ウエスト
  • 膝の裏
  • 足首

1度に付ける量は1~2プッシュで、出掛ける30分前までに付けておくとGOODです。

また、オフィスで甘い香りの香水を付けたり、フォーマルな場でフルーティな香りの香水を付けたりすることがないよう、TPOも意識して付けるようにしましょう。

おばけ
おばけ

手首や首に付ける人も多いけど、周りに香り過ぎたり自分で香り酔いしたりするから、あまりおすすめじゃないんだ!

スポンサーリンク

香水の豆知識をおさえて魅力的な自分に!

今回は『香水の豆知識』を紹介しました。

1つでも参考になる内容はありましたでしょうか?

 

香りの強さや3段階のノートは、会う人や使うシーンによってパターンは様々だと思います。

会う人がどんな香りを嗅ぐかであなたの印象も大きく変わります。

一番良いタイミングで香らせるためにも、付ける時間を考えて効率的に付けてみてくださいね。

おまけ

・香水をいろいろ試してみたい方は、サブスクがおすすめ

 

人気の香水を付けてみたいと思うけど、ボトルで買うと高い上に量も多いと感じることありますよね。そこでサブスクリプションを使って、手軽に香水を試すのもおすすめです。

ちなみに、自分が併用している香水のサブスクはこちら

毎月500種類以上の中から香水を選べて、4mlのミニボトルで使い切れない心配も不要です。市販の香水に満足できていない方であれば、使ってみて損はないと思います。

以上、いっちでした。

タイトルとURLをコピーしました